プライベートを充実させるための方向転換

今までは、残業や早朝出勤があったり、連休なしの週休2日制などの会社で働き仕事中心の生活を送っていました。頑張っていた分お給料も沢山貰えていたと思いますが、休んでも抜けない疲れや生活時間が不規則なことによるストレスから肌が荒れたり、喫煙にはしったりしていました。
仕事をすることそのものは嫌いじゃないのに、仕事をはじめたばかりの頃に感じていた「楽しさ」や「やりがい」は気づいたころには「義務感」に代わっていました。
前向きに仕事に取り組めない自分にも不甲斐なさを感じ、やればやるほど悪循環なのを感じました。
転職後の会社では有給休暇が取りやすい環境だったため、月1日平日の有給を使ってリフレッシュしていました。週末の休みとあわせることで旅行にでかけることも出来るようになりました。
ただし、周りの人たちに迷惑がかからないよう前倒しで仕事をこなしたり、同じ課の人たちと連携して皆が平等に休めるよう仕事を助け合うなどのサポート体制も組みました。
今までと違って”休みの為にメリハリをつけて仕事をする”ようになり、充実したプライベートを送っています。

仕事内容と同じくらい通勤も重要事

プライベートが充実すると気持ちも明るくなり仕事にも前向きに取り組めるようになりました。
きっと私にはどんな仕事をするかより、仕事とプライベートのバランスが大事だったんだと思います。
プライベートを重視する働き方は決して自分勝手だったり、仕事から逃げているわけではないと思いますので、自分や家族のためにそういった目線で職場を選んでみてはいかがでしょうか。

就業管理ソフト
ICカード認証タイムレコーダー型、ログイン打刻型から選択
biz-work.jp/

«
»