ものづくりに携わりたかったので

転職前は代理店で損害保険の事務仕事をしていました。仕事を行う上で資格が必要であったため、同期が部署移動になっていろいろ経験していくのに、資格保有者が必要だからということで部署を動くこともなく過ごしていました。
某製造会社の関連企業だったこともあり、物を作ることに興味がわき、図面を書いたり設計をしたりしてみたいという思いが日に日に強くなりました。
かといって、私はそういう勉強をしてきたわけでもありません。
勉強期間が必要だったため、退職してからすぐに働けるわけではないという不安もありました。
働く場所の当てがあるわけでもありません。
図面を読む勉強、設計ソフトを使う学校にも通い、とにかく必死だったとしか言えません。
でも、転職をしてよかったと思っています。
事務仕事をしていた時に机の前に積まれた書類の山を見た時の感情と、転職後の机に積まれた図面の山を見た時の感情が全く異なるものになりました。

自分がやりたいことができるというのは強いなと思います。

転職理由にはいろいろあると思います。
私の場合は好きなことをやりたいというものでしたので、同じ理由で転職を考えている人には『私は転職してよかったと思っています』と胸を張って言えます。
ただ、私が転職したときは独身で自由の利く身であったということも大きかったです。
人それぞれ、不安に思うことやリスクになること違うかと思いますが、どんな場合もしっかりと下調べ・シミュレーションを怠らないことが不可欠です。

サービス残業の撲滅に勤怠管理
時間外労働手当てが不当に搾取されるのを防ぐ手段は残業申請タイプのシステムの構築がポイント
biz-work.jp/

«
»