extra

基本的に上長が良い人で理解がある

仕事を休める状況になく、とりあえず報告したところ、職場に連れてくればいいと言っていただきました。

2人目の育休明けで復職した時、未満児だったせいか月に1回のペースで熱を出して保育園に行けませんでした。
私自身も仕事を休める状況になく、とりあえず報告したところ、職場に連れてくればいいと言っていただきました。
子連れで出勤を許可していただいたことで気持ちが楽になりました。
また私が見られない時間帯は他の職員と上長が交替で子どもを見てくださり、無事に1日を終えることができました。
子どもには負担をかけてしまったかもしれませんが、理解がある職場に何度も助けられています。
感染症でないかぎり、子どもを連れて出勤していますが、今のところトラブルもありません。他の職員にも感謝です。特に女性が出産を経て復職した時に、充分なサポートがなく、退職を余儀なくされていると思います。
私は義実家がなく実家も遠いため、祖父母のサポートは望めません。
子どもが病気になれば、欠勤しなければいけないのは圧倒的に母親であり、復職したとしても仕事に専念できるとは言い難いのが現状です。
ファミリーサポートさんの活用、シッターも登録していますが、利用回数が増えれば、利用料金も嵩みます。
せっかく働いても、給与がシッター代に費やされるのでは、消費活動も活性化されません。
もし叶うなら、病時に依頼できるシッター料金の助成などがあり、不安が解消されれば、女性の復職ももっとスムーズになると思います。

エクセルシフト表取込機能付き就業管理
エクセルのシフト表を取込んで勤務実績一覧に表示できる就業管理システム
biz-work.jp/
会社勤めはつらいかな?

人が育っていない会社

無理な労働条件や勤務体系も福利厚生もしっかりしていると思います。

現在の会社は無理な労働条件や勤務体系も福利厚生もしっかりしていると思います。
そう言った点では働きやすいと言えるのですが、問題は人間関係です。

簡単に言えば、社長に気に入ってもらえたら昇格もできれば周りの目も温かくなる環境で、社長が気に入らない人へは周りのあたりがとても厳しくすぐに辞めていってしまうので、勤続年数が短く人が育たない会社です。気に入ってもらえさえすれば若くてもすぐに部長クラスになれてしまうのです。

また、「部長」という肩書だけで、新入社員は言うとおりにしか動かず、自分の意志や考えを言いません。その上、新入社員の仕事を社長が批判してもその指示をした部長は何も悪いことにはならない上に責任もとりません。

人が育たないので、会社も伸びていないと感じています。表面上の育児休暇や週休二日制はとれてきていると思いますが、国が制定している労働条件をクリアできている会社は日本に一体何社あるのだろうかと思います。大手だからきちんとしているとも言えないようにも思います。

職業柄、プレミアムフライデーを導入できない会社もあると思います。例えばサービス業はほとんどの人が休みのタイミングに働く仕事です。そのようなサービス業の方にも同じように休暇や労働条件を整えていかなければ、若者たちの将来への希望も失われていくのではないかと思います。

また、労働条件が整っていれば働きやすいと言えるのかも疑問です。
個々人が「なりたい。」「やりたい。」仕事を「良かった。」と思えるためにも根本的な労働条件だけでなく教育や親のあり方も見直す必要を感じます。

休みの融通は利くが人間関係が閉鎖的

現在の職場は事前申請の有休は勿論、当日欠勤に対してもおおらかに受け止めてくれます。

単なる風邪や子供が体調不良の場合、休みの連絡がしづらかったり休み自体が取れない企業が多いと思います。

ですが現在の職場は事前申請の有休は勿論、当日欠勤に対してもおおらかに受け止めてくれます。

私自身も先日高熱で寝込んだ際、大事を取って2日休み、その後復帰しようとしましたが
「疲れを取るためにも今週は休んでいいよ」
という上司の言葉に甘え、丸々一週間のお休みを頂きました。

その一方、内勤かつコールセンター業務という閉鎖感でストレスが溜まりやすい職場でもあります。
お客様から入電が無いときは、上司の陰口やその日お休みを取っているアルバイトの悪口で盛り上がる従業員もたくさんいます。

悪態をつく従業員はいつも同じ方々な為、自然とその方を中心としたいくつかの派閥ができ、閉鎖的な交流ばかりになりがちです。未だ男性の育児休暇の取得率は低く、共働き世帯のお母さんにとっては何の為の制度なのか疑問視してる方が多くいらっしゃると思います。

私自身も妊娠を希望しており、妊娠を機に今の職場を退職しようと考えています。
産後の日中は基本的に一人で育てることとなりますが、不安は尽きません。

主人の職場にも産休、育休の制度はありますが男性で取得したのはこの5年で2人だそうです。
女性社員は殆どの方が利用できるのに対して男性社員は申請すらしづらく、出産後の育児に熱心に取り組めない働き方にも不満を覚えます。

就業管理がしっかりした職場

理想を言えば短期間でも育休をとってもらい、子供を一緒に育てたいです。

ですが現状難しい為、短時間勤務での勤めや残業の縮小を企業全体で「お父さん」にも適用して頂きたいです。

就業管理ソフト
パソコンタイムレコーダー型、iPadタイムレコーダー型から選択
biz-work.jp/

ブランド物を持つことに対する色々な考え

私的にはブランド物にあまり興味がないのですが、好きな人がいてももちろん良いと思います。

ブランドにあまり詳しくない私ですが、雑誌やテレビ等で紹介されているのを見て知り、良いなと思うこともあります。
たぶん、それを持っている方がステキだからということもあるでしょうが、やはり良い物は良い。
そんな風に思います。
ブランドにそれほど興味の無い私ですが、好きな人や憧れる方がいてももちろん良いと思うのです。
あまり若い時に持つと、良くないような言い方をされる方もいらっしゃいますが、私はそうは思いません。
良い物を大切に長く使い続けることができるなら、むしろお得かもしれませんし、何より人それぞれの価値観を優先して良いことだと思うのです。
例えば、バッグでも洋服でも自分で作った物を利用することに、何より幸せを感じる方だっています。
そこには、価格や知名度などは全く関係ない価値観があり、それはそれで良いと思います。
同じように、世界に認められている物を選んで使いたいと言う価値観だって、やはり認められるべきだと思うのです。
ただ、個人的にはそんなに欲しいとは思いません。
でも、年齢を重ねた今、身に着けるものや持ち物については多少のこだわりがあります。
ブランド物を選ぶことも多くなってきました。
いずれにしても、自分が良いと思う物、納得出来る物を身に着ければ良い。
それが私の出した答えです。
今使っているお財布はブランド物ではありませんが、セレクトショップで購入したお気に入りです。
でも、そろそろ新しい物にしようかなと考えているところです。
次は、ブラック系の使いやすい丈夫な物が良いなと思っています。

ショップに最適な勤怠管理
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

良い発明やアイデアの特許を取って商品化

ユーモアあるアイデアや素晴らし発明。良い物は特許を取って収入に繋げること。

色んなものを発明するのが好きな方を、以前テレビで拝見したことがありました。
それは、時にとってもユーモアいっぱい。
時に感動するような素晴らしいアイデア。
私はこういった色々な物を考えたり発明するような能力がありませんので、ただただ凄いなと思います。
中には、それを趣味として何十年も続けている方もいらっしゃるとのこと。
その意思の強さにもついても凄いなと思います。
どれくらいの物が商品化されているのか知りませんが、素晴らしい物であれば特許を取って収入に繋げることもできるかもしれません。
仮に100個200個のアイデアがダメであっても、最高の物が一つ登場すれば十分続けてきたかいがあるのではないかと思うのです。
もちろん私は、その世界には全く明るくありませんから、あくまでも想像でのお話しです。
いずれにしても、次々にアイデアが生まれる方は本当に羨ましいなと思います。
日頃から注意して生活していると、色んなことに気が付くと聞きます。

発明の特許でいい暮らし?

こうだったら良いなとか、こんなものがあったら便利だなと思う所から、ヒントを得てアイデアを生み出し製品化すれば良いのかもしれません。
もし、良い物ができたら是非商品にして、できるだけ安く売って欲しいなと思います。
いつもすぐに忘れてしまっているのですが、不便だなと思うこともあれば使いにくいと思う時が多々あります。
たぶん、ちょっと改善しただけでも随分違ってくるのでしょう。
アイデアマンの方々に、是非その「ちょっと」を見つけて頂き発明して欲しいなと思います。

勤怠管理を効率化
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

会社勤めだけでなく独立して働く生き方も

今の時代、色々な働き方があります。会社勤めではなく、独立してフリーで働く若者もいると聞きます。

以前は、大学を卒業してどこかに就職したら、そのまま定年を迎えるまで同じところで働く方がほとんどだったと聞きます。
私たちの年齢の親世代であれば、それが一般的でそれが当たり前だと思っているかもしれません。
ところが、ご存知のように今は全く違います。
同じ職場で数十年働き、定年を迎える方ももちろんたくさんいらっしゃるのですが、そうではない働き方をされる方もとても多い時代です。
自分の意思でそうしている方もいれば、自分の意思とは違っているにも関わらず、それを余儀なくされている方もいらっしゃいます。
本当に色なことがある時代です。
でも、できるかぎり元気に明るく前だけを向いて、やっていきたいと強く願っているのです。
独立して自分で何かを始める方もいらっしゃいます。
聞くところによると、若者でも会社勤めをせず、或いは辞めて独立してフリーで活躍する方も少なくないとのこと。
色んな見方があると思いますが、私は頼もしいなと思っています。
他人ごとだからそんなことを言えるのだと叱られてしまうかもしれませんが、若いうちはたくさん失敗しても良いように思うのです。
そこから見えてくるものや、発見もあるのではないでしょうか。
ただ、あまりのもリスクが大きいようでは心配です。
莫大な借金を背負うようであれば、それはやはり良くないと思います。
まずはそのあたりについてもしっかりと考え、石橋を叩いて渡るがごとく慎重にやってみれば良いと思います。
世の中はどんどん変化していて、もしかしたまた新しい働き方や価値観が現れてくるかもしれません。

これから独立して再スタートする人へ

今まで色んなことがあったように思う。独立してスタートする方は、是非たくさんハッピーを見つけて欲しい。

子どもの頃、勉強が分からなくて悩んだりした。
思春期になると、人付き合いや将来について悩んだりした。
大人になって社会に出ると、世の中の厳しさと理不尽を知った。
結婚すると、他人と一つ屋根の下で暮らすことの大変さや親戚付き合いの大変さを知った。
子供が生まれたら、嬉しいのもつかの間親同士の色んな問題に頭を抱えた。
今こうして振り返ってみても、色んなことがあったことが分かる。
恐らく多かれ少なかれ、皆同じような経験体験をしているのではないだろうか。
いつも今が一番大変だと思う。
しかし過ぎてみれば、それほど辛かったとか大変だったとは思わず、ただこんなことがあったなと事実だけが残る。
そんな繰り返しで生きているものなのかもしれない。
仕事についてだって、想定外のことがあるものだ。
楽しくてやりがいを見出し頑張っていても、それが評価されないこともあれば、思いがけないことに巻き込まれてしまうこともある。
ずっと働き続けるつもりでいたのに、それができなくなってしまったということはよく聞く話だ。
まさか、まさかの連続。
それでも転んでなにかを掴み立っているのであれば、それは絶対にムダではないと思う。
そう思いたい。
これから独立して、新しい人生をスタートしようと思っている方もいらっしゃるかもしれない。
険しい道になるかもしれないが、なにか素晴らしい物を見つけることができるかもしれない。
どんなことを考え何を思い、何を選んできたのか。
それが正しかったのかどうかは、恐らく最後の最後まで分かるまい。
とにかくハッピーを見つけよう。
何をしていても、ただそれだけを目指してやっていきたいと私は決めている。

シャネルの5番の香りと思い出と

20歳位の時、シャネルの5番が流行りました。リッチな気持ちにさせてくれる魔法の小瓶でした。

癒しの為にも、アロマを利用することが多くなりました。
それが理由なのかもしれませんが、香水もこだわって選ぶようになったのです。
もともと香水は好きで色々集めていたのですが、今は好みの香りも変ってきています。
せっかくなら、自分が一番良いと思う物を楽しみたい。
特に体につける香水の香りは、その人そのもののイメージを作りあげてしまうほどのパワーがありますから、やはり慎重に選んだ方が良さそうです。
20歳くらいの頃、シャネルの5番がとても流行りました。
シャネルと言う名前はもちろん知っていたのですが、5番がなぜそんなにも有名で人気があるのかは分かりませんでした。
でも、やはり興味がある私。
奮発して一つ買ってみたのです。
外国製の香水は今まで使ったことがありませんでした。
だからでしょうか、香りを試してちょっと強めだなと感じたのです。
でも、時間が経つと共に柔らかく、上品な香りに感じられるようになりました。
ほんの少しだけ付けて、時間が経ってから人の中に入るようにすれば一番理想的。
つまり、夜寝る時に付けるのが良いことに気が付きました。
シャネルの響きと異国の香りにドキドキ。
何だか自分がお金持ちになったような、大人になったような気がしました。
正に私にとって、魔法の小瓶となったわけです。
もしこれがノーブランドだったら、恐らくここまで現実逃避のように、リッチな気持ちにはなれなかったと思います。
やはり、シャネルがそうさせたのではないかと思うのです。
ブランド物を持つと言うことは、こんな楽しみ方もあるのだなと思いました。