勤怠

勤怠管理を担当していた時

会社で働いていると、何かしらの役割や担当業務を与えられることがありますが、一番大変だったのはある会社で勤怠管理を担当していた時でした。
私の担当は、所属人数100名超えのわりと大きな部署でした。
それだけいれば、毎日必ず誰かしら欠勤、遅刻、早退します。
理由もさまざまで、体調不良、家族の看病、車の故障、突飛なものだと水道管が破裂したなんてのもありました。
私は何をしていたかというと、欠勤率や遅刻率のデータ集計、その理由の分析、欠勤が多いスタッフのヒアリングなどを行っていました。
日々の活動はそんなもんでしたが、具体的なゴールは何かというと、月ごとの欠勤率、遅刻率の目標達成です。
それぞれ目標値が設定されていて、その値を割ってしまうと上からやんや言われるわけです。
目標値を余裕で達成できる月があれば、さんざんな結果に終わることもありました。
スタッフの人数が多いところって、難しいんです。
どうしても「私1人ぐらい休んでも大丈夫だろう」という意識が働いてしまうんですよね。
で、実際に大丈夫だったりしますから。
それを皆肌で感じているんですよね。
まぁ、意識が低いと言われればそれまでなんでしょうけど、それだけじゃないと思います。

勤怠管理は難しい

今は別の会社で働いていますが、在籍人数が少なく1人休むと大変なことになるので、絶対に休んだりできません。
私だけではなく、他の社員が休んだり、遅刻したりということもめったにありません。
勤怠管理っていうのは、一人一人の意識ももちろん大事だけれど、環境に大きく左右される部分って絶対にあるよなぁと改めて思いました。

創業後の就業管理と勤怠管理システム
急成長している企業は人が増えます。全従業員の就業管理の質を上げる手段がコチラ。
biz-work.jp/

トップページ

以前、仕事で勤怠管理を担当していたことがありました。
勤怠管理といっても、ただ単にスタッフの出退勤をデータ管理するとか、給与計算をするとかそういう雑務的なことばかりではありません。
スタッフの遅刻や欠勤をなくするために、勤怠不良者に対して様々な対処をする、というお仕事がメインでした。
給与計算や有給管理なんかは、専用のソフトが自動で行ってくれるので、私達がやることと言えば微調整くらいのもの。
お金にかかわることなので、問題が発覚すると大変なことになりますが・・・まあ、そんなことはほとんどなかったです。
問題は、勤怠不良者に対する対処の方。
宙をつかむような仕事で本当に大変でした。
正直なところ、二度とやりたくないです。
友達なんかに話すと「勤怠不良者なんてそんなにいっぱいいるの?」と驚かれたりしました。
普通の会社だったら、そうそうない話ですよね。
でも、その会社は在籍人数が多くて、「一人くらいいなくてもなんとかなるだろう」という意識が働きやすい会社でした。
私も勤怠管理担当になるまではそう思っていたくらい。
なので、勤怠不良者に対してはヒアリングを行い、精神的問題がないか、体力的問題はどうか等、ひとりひとり記録を付けて上に報告しなければなりませんでした。
毎日何十人ものスタッフを相手に面談、書類作成。
ストレスは溜まるわ残業は増えるわで、こっちが休みたくなるぐらいでした。
今はその会社を退職して別のお仕事をしています。
勤怠管理の業務は本当に大変だったし、二度とやりたくない気持ちでいっぱいですが、あの業務を担当して良かったことがひとつだけあります。
それは、滅多なことでは遅刻や欠勤をしなくなったこと。
管理する側の大変さを知ったことで、仕事に対する考え方が変わりました。
今となっては、貴重な体験だったと言えますね。

勤怠管理はタイムカード?
勤怠管理ソフト
ICカード認証タイムレコーダー型、ログイン打刻型、パソコンタイムレコーダー型、iPadタイムレコーダー型から選択
biz-work.jp/

挑戦したい職種や働き場所

まず、給料ダウンにならないようにすること。そして、会社の雰囲気を採用担当者などから見て、入社したいと思えるかどうかも考慮した方が良い。

付き合う人々が変わってくるので、転職後も色々な人と関わっていこうとする姿勢が大事だと感じた。
人付き合いの仕方も大きく変わってくるので、今までにない経験が増える。
例えば、接待のない会社もあれば、社内接待まである会社もあるので、その都度、風土に合わせた対応をしていかなければならない。
また、それが国外の場合はその国に風習や文化を受け入れ、尊重していく姿勢が大事だと感じる。
新たに勉強をしてみるのも刺激になってよい。
特に言語はコミュニケーションをとる上で大切になるので、語学学校に通いながら仕事をするなども良い。
仕事のスタイルも内勤や接客、営業など、今までと変わる場合はとにかく、できる人について真似をして習得するようにする。

仕事選びは一生もの?

最初は誰でも不慣れだが、必ず真似ようとすれば早く習得でき、その後、自分なりに色をつけ、自分らしい仕事のスタイルを確立させていく。
転職後、1年でも半年でも、仕事を早く覚えさえすれば、仲間に入りやすく、仕事が多く回ってくるので、活躍の場が広がり、転職が成功だったと思えるようになる。
スキルが上がれば、さらなるステップを目指して、また違う場所や会社を視野に入れることもでき、人生の幅が広がる。

固定価格の勤怠管理システム
システム導入形態は買取型が基本。サーバーは業態に合わせて選択。パッケージ費用は固定でオプションも好評。
biz-work.jp/

自分の能力のスキルアップの為

スキルアップする事は新しい事への挑戦だが、それが自分の負担になってしまっては意味がないので、自分がきちんとスキルアップ出来るように、無理なく出来るか、挑戦した後にも向上心を保てるのかを考えた。

元々の性格もあるかもしれませんが、分からない事がある事がとてもしんどいと思うタイプなので、自分自身のスキルアップにはなっていると思います。
今まで経験のなかった職業でも、いざやってみると違う発見が出来、更に上を目指していきたいという気持ちでいっぱいになりました。
過去に経験した事をしっかりと活かしながら仕事をして、これからもスキルアップしていきたいと思います。
ただ、やはり興味本位での転職では上手くいかない。
その時の自分自身の心や体の状態を考えて転職する事を、これから転職を考えている人にはオススメしたいです。
「今の仕事がしんどい」とか「これが嫌だ」と転職を希望する人は、次の仕事場では本当にそれはないのか、それ以上の事があるかもしれないという気持ちで転職した方がいいかな、と思います。
また、今まで様々な仕事を経験してきましたが、何に関しても疑問を持つ事が大切だと思います。
不安があるのであれば、その不安をどうやったら解決出来るのか、また、分からない事があれば何が分からないから次に繋がってこないのかを自分自身でしっかりと考えて、噛み砕いて吸収する事が出来れば、不安は取り除かれ、かつステップアップに繋がっていくと思います。

コンプライアンスと勤怠管理
コンプライアンスを守る勤怠管理
三六協定のリアルタイムチェック機能を搭載したコンプライアンス向上に貢献する勤怠管理システム
biz-work.jp/

前職での経験を生かしたスキルアップのため

前職の給与からの減額がないか、休日が希望通りか、残業時間がどれくらいか、仕事内容が希望通りで尚且つスキルアップが見込めるか

転職時の年齢や前職での職務経験によって、ある程度のことができる人材として受け入れられていることが多いです。
それなりの覚悟を持って転職してほしいと思います。
転職後はそのような状況で入ってもやはり一番新人として入社するため、新しいことを一から学びながらこれまでのスキルも発揮しなければいけないので現状よりも大変になることは必須だと思って欲しいです。
大きい企業から、転職先の企業の方が規模が小さくなる場合は、大きい企業ではその1つの作業の一部分しか担当していなかったが理解した気でいたものが、小さい企業に行くとそのすべてができて当たり前という問題にも直面すると思います。
そこでめげることなく、新しく一から学ぶ姿勢で臨んでほしいと思います。

転職は普通で当たり前

また、転職前の企業から転職後の企業であまりにも条件がかけ離れているもの、例えば残業が全くなかった企業から毎日残業があるような企業へ転職する場合、たとえ職務内容が同じであっても感じるストレスや疲労具合はかなり違ってきますので労働環境等あまり差があるところへの転職はおすすめしません。
事前の面接や、可能であれば見学等を行い、なるべく転職後の環境を理解することが大切だと思います。

製造業での簡単勤怠管理構築
工場にパソコンやインターネット回線が無くても心配無用。三交代の24時間稼働、オフィスと工場が別室であっても問題なし。
biz-work.jp/

ものづくりに携わりたかったので

まったくの別分野な上、男性の多い職場への転職でしたので、即戦力とはなれなくてもできる限りの知識は勉強しました。 そして、転職後に行われる試験には一発で合格できるようにひたすら勉強しました。

転職前は代理店で損害保険の事務仕事をしていました。仕事を行う上で資格が必要であったため、同期が部署移動になっていろいろ経験していくのに、資格保有者が必要だからということで部署を動くこともなく過ごしていました。
某製造会社の関連企業だったこともあり、物を作ることに興味がわき、図面を書いたり設計をしたりしてみたいという思いが日に日に強くなりました。
かといって、私はそういう勉強をしてきたわけでもありません。
勉強期間が必要だったため、退職してからすぐに働けるわけではないという不安もありました。
働く場所の当てがあるわけでもありません。
図面を読む勉強、設計ソフトを使う学校にも通い、とにかく必死だったとしか言えません。
でも、転職をしてよかったと思っています。
事務仕事をしていた時に机の前に積まれた書類の山を見た時の感情と、転職後の机に積まれた図面の山を見た時の感情が全く異なるものになりました。

自分がやりたいことができるというのは強いなと思います。

転職理由にはいろいろあると思います。
私の場合は好きなことをやりたいというものでしたので、同じ理由で転職を考えている人には『私は転職してよかったと思っています』と胸を張って言えます。
ただ、私が転職したときは独身で自由の利く身であったということも大きかったです。
人それぞれ、不安に思うことやリスクになること違うかと思いますが、どんな場合もしっかりと下調べ・シミュレーションを怠らないことが不可欠です。

サービス残業の撲滅に勤怠管理
時間外労働手当てが不当に搾取されるのを防ぐ手段は残業申請タイプのシステムの構築がポイント
biz-work.jp/

30代独身女が面接で聞かれること

30代独女の転職。面接で聞かれて一番答えにくかった質問、それは・・・。

去年、11年勤めた会社を退職して転職したのですが、転職ってものすごくエネルギーを使うことなんだな、と実感しました。
しかも、30歳を過ぎての転職。なかなか大変でした。
面接で聞かれることといったら、答えにくい質問がほとんど。
前職を退職した理由なんかも答えにくいですが、それは想定内です。
妙齢の独身女性にとって一番聞かれたくないこと、それは「結婚」「出産」についての質問です。
結婚の予定は?
子供が出来たらどうしますか?
わかったら苦労しないようなことを、ズバズバ聞いてきます。
まあ、仕方のないことなんですけどね。

前職で、求人や採用に関する知識はある程度あったので、こういう回答をしたら採用されないだろうな、というのはなんとなくわかっていました。
結婚の予定がある方でもない方でも、求められるのは「将来のビジョンをはっきり持っているかどうか」ということ。
あいまいな回答では、まず採用されません。
なので、面接で結婚の予定を聞かれた時、こう答えました。
「結婚の予定は、今のところありません!万が一結婚できて、子供ができたとしても、ぎりぎりまで仕事をしたいと思っています!」

あー恥ずかしい。何でしょう、この屈辱。
男っ気がないわけじゃないんですよ、もしかしたら今の彼氏と結婚するかもしれませんよ、私だってやる時はやるんですよ・・・と、わけのわからない言い訳を心の中で叫びつつ、胸を張って断言した私。
それが功を奏したのかわかりませんが、一社目でめでたく採用となりました。

面接の他にも、転職にあたってはいろいろと気苦労が多かったです。
できることなら、もう転職はしたくないですね。

勤怠管理システム
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

ブランド物を持つことに対する色々な考え

私的にはブランド物にあまり興味がないのですが、好きな人がいてももちろん良いと思います。

ブランドにあまり詳しくない私ですが、雑誌やテレビ等で紹介されているのを見て知り、良いなと思うこともあります。
たぶん、それを持っている方がステキだからということもあるでしょうが、やはり良い物は良い。
そんな風に思います。
ブランドにそれほど興味の無い私ですが、好きな人や憧れる方がいてももちろん良いと思うのです。
あまり若い時に持つと、良くないような言い方をされる方もいらっしゃいますが、私はそうは思いません。
良い物を大切に長く使い続けることができるなら、むしろお得かもしれませんし、何より人それぞれの価値観を優先して良いことだと思うのです。
例えば、バッグでも洋服でも自分で作った物を利用することに、何より幸せを感じる方だっています。
そこには、価格や知名度などは全く関係ない価値観があり、それはそれで良いと思います。
同じように、世界に認められている物を選んで使いたいと言う価値観だって、やはり認められるべきだと思うのです。
ただ、個人的にはそんなに欲しいとは思いません。
でも、年齢を重ねた今、身に着けるものや持ち物については多少のこだわりがあります。
ブランド物を選ぶことも多くなってきました。
いずれにしても、自分が良いと思う物、納得出来る物を身に着ければ良い。
それが私の出した答えです。
今使っているお財布はブランド物ではありませんが、セレクトショップで購入したお気に入りです。
でも、そろそろ新しい物にしようかなと考えているところです。
次は、ブラック系の使いやすい丈夫な物が良いなと思っています。

ショップに最適な勤怠管理
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

人事部のヘルプに行って実感したこと

人事部の人手不足により短期ヘルプに駆り出された私。人事部の大変さを実感しました。

以前働いていた会社で、人事部のヘルプをしたことがあります。
私は人事部の配属ではなかったのですが、急きょ欠員が出たとかで業務が回らなくなってしまったらしく、短期のヘルプをお願いされたのです。

私が任された仕事は、ひとことで言えば「雑用」でした。
その会社、ものすごく在籍人数が多かったんです。
在籍人数の多さは雑用の多さに比例するらしく、たまりにたまった雑用を押し付けられました。
まあ、雑用以外の人事の仕事はさっぱりわかりませんし、妥当な扱いだと思ったので文句は言いませんでしたが。

しかしまあ地味な仕事でした。
例えば、住所変更の届けを出していない社員や保険の手続きが滞っている社員に連絡を取って催促するとか、採用連絡とか、名簿の整理とか。
山のように積み上げられた書類を見て、人事部の大変さを実感しました。

それまで、人事部の方とはあまり接点がなかったのですが、都合1週間のヘルプでだいぶ打ち解けることができました。
それに、「人事部ってこんな仕事もしてるんだー」というような小さな発見があって、すごく新鮮でした。
人事部って、いわば縁の下の力持ちだと思うんです。
人事部の方々が細々とした処理をしてくれているから、他の社員が安心して働くことができるというわけです。
そのありがたみがわかっただけでも、ヘルプに来たかいがあったというものです。

というようなことをヘルプの最終日にみんなに伝えたら、ものすごく感動されました。
泣いている人もいてこっちが驚きました。
どうやら、会社の最前線をいく営業部なんかに比べると、自分達は格下だと思っていたみたいです(私はその時営業部所属でした)。
会社のために頑張っている人に上下なんてないんだということを身をもって実感した出来事でした。

膨大な勤怠管理の処理可能
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

良い発明やアイデアの特許を取って商品化

ユーモアあるアイデアや素晴らし発明。良い物は特許を取って収入に繋げること。

色んなものを発明するのが好きな方を、以前テレビで拝見したことがありました。
それは、時にとってもユーモアいっぱい。
時に感動するような素晴らしいアイデア。
私はこういった色々な物を考えたり発明するような能力がありませんので、ただただ凄いなと思います。
中には、それを趣味として何十年も続けている方もいらっしゃるとのこと。
その意思の強さにもついても凄いなと思います。
どれくらいの物が商品化されているのか知りませんが、素晴らしい物であれば特許を取って収入に繋げることもできるかもしれません。
仮に100個200個のアイデアがダメであっても、最高の物が一つ登場すれば十分続けてきたかいがあるのではないかと思うのです。
もちろん私は、その世界には全く明るくありませんから、あくまでも想像でのお話しです。
いずれにしても、次々にアイデアが生まれる方は本当に羨ましいなと思います。
日頃から注意して生活していると、色んなことに気が付くと聞きます。

発明の特許でいい暮らし?

こうだったら良いなとか、こんなものがあったら便利だなと思う所から、ヒントを得てアイデアを生み出し製品化すれば良いのかもしれません。
もし、良い物ができたら是非商品にして、できるだけ安く売って欲しいなと思います。
いつもすぐに忘れてしまっているのですが、不便だなと思うこともあれば使いにくいと思う時が多々あります。
たぶん、ちょっと改善しただけでも随分違ってくるのでしょう。
アイデアマンの方々に、是非その「ちょっと」を見つけて頂き発明して欲しいなと思います。

勤怠管理を効率化
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/