あえてSEO対策しないケースをページ種類別に考える

SEO対策は、全てのページに対して施すことが正解なのでしょうか。
あえてSEO対策をしないページがあるとしたら、それはどんなページで、他のページにどう影響を与えるのでしょうか。

SEOと言うと、当然のように上位表示による検索エンジンからの集客を考えますが、コンテンツによっては、上位表示する必要の無いものが存在するのではないかという疑問について書いてみます。

SEO対策する必要がないページがある、というと少々「頭がおかしくなったのか」と思われるかもしれませんが、ウェブサイトの設計においてサイト内で訪問者にアクセスして欲しいページの優先順位というものがあるはずです。

もちろん、訪問者に一番見てもらいたいページはコンバージョンに導くランディングページですよね。
資料請求、メールマガジン登録、無料プレゼント、会員登録など、そのウェブサイトの最終的な目的が、ランディングページのコンテンツとなっているはずです。

営業のシナリオでの位置づけは、ランディングページはクロージングにあたります。
実際の営業で、いきなりクロージングされるとどう思いますか?
あまり印象としては良くないですよね。
SEO対策においても、ランディングページが検索上位になると、せっかく関心をもった訪問者に突然クロージングすることと同じではないかと思うわけです。