「カイゼン」と「リニューアル」はウェブサイトにどう影響するか

ウェブサイトは、進化する必要がどうしても生じてきます。
時代に合ったもの、というようりは、訪問者のメリットのためにというのが理由ですが、一時的な完成はあるにせよ、将来にわたって成長していくことになります。

ここで、成長のために、「カイゼン」と「リニューアル」は必要ですが、どう違いがあるのか、深く考えたことはありますか?
この機会に考えてみましょう。

言葉のイメージからすると、「カイゼン」は、現状よりも機能や精度、品質などの向上を目的としたもの、という感じがあります。
「リニューアル」は、改装のような全てをガラリと変えてしまう、というイメージです。

人によって、感じ方は違うでしょうから、あくまでも例としてくださいね。

ウェブサイトに対して、「カイゼン」と「リニューアル」を同じ意味で利用していいのかどうか、というところですよね。
正確な定義づけは無いにしろ、「カイゼン」は小さな積み重ね、「リニューアル」は抜本的改革、という視点で捉えると多少は意味付けできるかなと思います。

日々の作業は「カイゼン」を意識し、長期目線では「リニューアル」を検討していくというスタンスです。
どちらも、ウェブサイトのSEOとテンプレートの改善レベルではなく、あくまでも訪問者サービスを考えての実施であることを念頭におきます。

株式会社アルゴリズムのSEO塾ブログ
SEO対策をリカバリーするSEO塾の検索エンジン情報
www.seoragnarok.com/blog/

もっと大きな目線で言うと、来て欲しい人が来ていない、ということを無くすことですね。