SEOエキスパートは先輩の背中を見て育つものではない

SEOの内部要因は、タイトル、meta情報、h1タグ、そして内部リンクのアンカーテキストが主な作業内容です。
もちろん本文や画像のalt属性についても重要な作業内容ですが、少なくとも最優先して取り組んで欲しいのは、冒頭の項目であろうかと思われます。

この内部要因の最適化は、ページ数が多ければ、非常に煩雑になるので、多少面倒ではありますが、図解つまり可視化できるように資料としてまとめておくとメンテナンス時に便利です。

この図は「内部要因最適化仕様書」として標準化しておき、他のウェブサイトへ各ページにキーワードを埋め込んだり、内部リンクのモレなどを予防するチェックリストとしても再利用できます。
こういったアナログ的な方法は、実はウェブサイト制作には役立つことは多いものです。

頭の中でSEOテンプレート設計図を描いたとき、それをそのまま図解で可視化すると、必ずモレがあるものです。
また図解することで、注意力が増し、新たなアイデアの創出や以前取り組んだウェブサイトのメンテナンスから問題点をフィードバックすることも出来ます。

こうして作業と品質の向上を続けていくわけですが、法人の場合は、新人のOJTにも使えるので、ノウハウを紙に落としておくことの重要性が、ここで発揮されます。
背中を見て技術を盗め、とは言えないのがSEOです。

SEOの重要性を説くブログ
SEO対策は終わったと言われている中で検索からアクセスの重要性は変わらない
www.seoragnarok.com/blog/