自社サイト訪問の必要性をユーザーの訪問理由から考える

ビジネスサイトをわざわざ検索してまで閲覧する理由を考えたことはありますか?

わずかであっても時間を使って検索してくるユーザーに対して、ビジネスサイトは何を提供すればいいのか、この思考によって自ずと答えが見えてくると思います。

期待はずれの内容では、なかなかコンバージョンには結びつかないですよね。

ビジネスサイトを訪問するユーザーは、何らかの理由を持っているはずです。
困ったことがある、相談したいことがある、ヒントになる情報は無いか、どういう解決方法があるかなど、とある問題について関連する企業だからこそリンクをクリックしたわけです。

もちろん、ユーザーの満足する情報がなければ他所の企業のサイトへと移りますから、いかに、ユーザーが有益と感じる情報を個ンテンツとして掲載するかのリサーチ力も必要になってきますね。

完璧な答えは用意する必要はなく、もう少し込み入った話をしてもよさそうだと思わせるコンテンツ設計が理想です。
ユーザーが持ち込む問題には、ビジネスサイトのコンテンツで解決できることと、実際に現場で立ち会う必要があることがあるわけですから、いかにコンタクトを取ってもらうかが、ビジネスサイトの生命線ではないでしょうか。

ビジネスサイトのコンテンツには、葉の浮くような美辞麗句は必要ありません。

東京大阪のSEO対策セミナー
スマホ対応サイトの集客と売上をアップ
https://www.seojuku.com/seminar/
SEO対策セミナー