スパム行為を予防するために関係者がとる行動とは

検索エンジンを脅かす存在のスパム行為。
GoogleやYahooの検索エンジンに関わるエンジニアは、常にスパム行為に目を光らせる必要がありますし、それを判定するための精度の向上にも努めなければならいという過酷な任務を背負っています。

そんなエンジニアが、ブログで日々の活動や検索エンジンについて言及していますが、スパムのことについても意見を述べているようです。

エンジニアがブログを通して、スパム行為などに言及することは、どういう意図や目的があってのことでしょうか。
恐らく、自分たちのブログを通して、
・スパムは見破れることを示す
・スパム行為への報復内容を示す
・仕事であることを示す

という3つの目的があるのではないかと思います。

SEO実践者やWEB担当者が一番関心を示すのは、二番目の報復に関することでしょう。
例え故意にスパム行為をしていなくても、最適化がズレていれば、たちまち検索ランキングに響いてくるわけですから、彼らエンジニアの発言は非常に注目を集めるのです。

また一番目のように、力量を予め示すことで、スパム行為への抑止力を高めることにも役立っていると思います。
検索エンジン関係のエンジニアの中でも、マット・カッツ氏の発言が最も注目を浴びるのですが、SEOはある意味、マット・カッツ氏と共存共栄の手段でもあるように思えます。